シャチハタネーム9 完全インク補充マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャチハタネーム9のインク補充の方法

こんにちは!

今日も元気にシャチハタネーム印を使ってますか?

はい、あなたのシャチハタネーム印を、今すぐ目の前に用意してください。
「後で」だと絶対に忘れますので、今すぐに用意してください。

はい、用意しましたか?

まず最初に確認ですが、そのシャチハタには「Shachihata」又は「X-stamper」と刻印されていますか?

え?無い? 残念ながらそれはシャチハタではありません。
他社のネーム印ですから、この記事はお役に立てないです。ごめんなさい。

さて、シャチハタユーザーの皆様、改めましてこんにちは。
本日は、あなたのシャチハタを、ぐっと長持ちさせる秘訣をお伝えいたしますね。

早めの補充が長持ちの秘訣

ネーム印をポンと押してみてください。

インクが薄くなっていませんか?

「あ、そんなことを言って、インクを買わせようとしているな」

そう深読みしたあなたは思慮が浅い。インク補充が遅れることによって印面の痛みが早く進行し、早めに買い替えるハメに陥るでしょう。

シャチハタを長持ちさせるコツは、早めにインクを補充することなのです。

インクが薄くなって印面ゴムが硬くなると、ゴムが欠けたり破損しやすくなります。

またインク不足によってベタベタとした粘着性が出てくると、ゴミや紙の表面にコートされた成分を吸着して、印面が目詰まりを起こしてしまいます。スタンプラリーなどのスタンプがダメになるのは、大抵このパターンだと思います。

こまめにインク補充をすることによって、長ーく愛用いただけますので、この記事を参考にして、きちんとインク補充して使ってくださいね。

シャチハタ・ネーム9のインク補充方法

今回は、オカザえもんネーム9のインクを補充してみましょう。

シャチハタネーム9オカザえもん仕様

あ、オカザえもんネーム印が気になってしまった方は、こちらからどうぞ。
→ オカザえもんネーム9

まずはホルダーを引き抜きます。シルバーのリングの部分から上下に分かれますので、ぐいぐいと引き抜いてください。

シャチハタネーム9

黒いカートリッジを引き抜きます。

ネーム9の初期カートリッジ

シャチハタ・ネーム9に使用出来るインクは以下の2種類です。
XLR-9N(左)、XLR-20N(右)。
普通のネーム印は朱色なので、誤って赤色を補充しないよう注意しよう。

2015-08-24 11.55.57

XLR-9Nはカートリッジ交換式なので、とってもカンタン。
インクの入れすぎによる失敗もないので安心です。

インクカートリッジ

ちなみに、交換用カートリッジと、購入時にセットされているカートリッジは形状が異なります。交換用(左)、購入時(右)。

シャチハタインクカートリッジ

かなり形状が異なりますが問題ありませんので、安心して交換してください。

シャチハタネーム9にインクカートリッジをセットする

見た目がかなり違いますので、違和感がありますがこれで問題ないのです。
右側が交換後です。外したカートリッジは廃棄してしまってOKです。

ネーム9

インクカートリッジを使用せず、インクボトルから滴下する場合は、こんな風に補充します。

シャチハタにボトルからインク補充する

ここで注意したいのは、絶対にインクを入れすぎないことです。

補充するインクは、4~6滴くらいとしてください。

入れすぎると、浸み込み切らなかったインクが中で固まってしまいます。固まったインクがフタをしてしまって、その後はインクを補充しても浸み込んでいかず、横から漏れるようになります。

インクが隙間から漏れて大変なことになっているネーム印は、たいていこのパターンだと思います。(メーカーに修理に出せば大抵は直りますが)

シャチハタインク補充完了!

インクはすぐは浸透しませんので、そのまま1日様子を見てください。1日置いてもインクが薄い場合は、再度インクを補充してみてください。

少しでも「薄い」と感じたらすぐに補充する。

これが長持ちさせる秘訣であります。

おわり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です