あなたの知らないシャチハタの世界

普段何気なく使っているシャチハタ。

正式な商品名は「シャチハタ」ではなく、「Xスタンパー(エックススタンパー)」だということをご存知でしょうか?

実は「シャチハタ」というのは、商品名ではなく、それを作っている会社名を差します。
(正式な名称は、すべて大文字で「シヤチハタ株式会社」と表記し、「シャチハタかぶしきがいしゃ」と発音します。)

なぜ、ゴムなのにインクが浸み出すのでしょうか?

当たり前に使っているので見過ごしがちなことですが、シャチハタの印面はゴムで出来ているのに、インクが浸み出してきます。雨合羽や長靴など、一般にゴムで出来ている製品は水を通さないのが普通なのですが、シャチハタのスタンプに限っては異常なことにインクが浸み出てきます。
一体全体、どうなっているのでしょうか?

インクを通す異常なゴム

ゴムには液体を通さない性質があります。
ところが、シャチハタ印の印面はゴムで出来ているにも関わらず、インクが浸み出てきます。

その秘密は、無数に開けられた微細な穴にあります。
その小さな穴がインクの通り道になっているのです。

では、どうやってゴムの中に、連続した微細な穴を開けているのでしょうか?

「塩」で穴を開ける。

塩を使って、ゴムの中に穴を開けているそうです。
あなたが良くご存じの食塩です。

ゴムの元となる「生ゴム」は、ガムのように柔らかく自在に形を変えることが出来る性質があります。それに硫黄を混ぜて、熱を加えながらプレスすると、狙った形に固まります。いわゆるゴムになります。

シャチハタ用のゴムは、次のような方法で作っているそうです。

1. 素材のゴムに塩を混ぜる。

素材のゴムが柔らかいうちに、塩を混ぜます。

塩の粒子の大きさや量は企業秘密だそうです。

2.熱を加えながらプレスして成型する。

熱を加えながらプレスして成型します。

塩は熱に強いので、ゴムの中にそのままの形で残ります。

ちなみに塩の代わりに砂糖を使うと、熱で溶けてしまい役に立たないそうです。デンプン粉は焦げてバリバリになってしまい、カチカチのゴムになりNGとのこと。

3. お湯で塩を溶かし出す

塩は水に溶けますので、塩の粒子があった場所に空洞が出来ます。

そうです! その空洞がインクの通り道になるのです。

塩ならば、熱に強く、水によく溶け、その上粒子の大きさを調整すれば穴の大きさもコントロールできます。

この仕組みの完成までに、何千回も素材を混ぜたり、こねたりしたそうです。

4. 乾燥させます。

熱を加えながらしっかり乾燥させます

シャチハタ印には、油性インクを使用しますので、水分が大敵です。

5. 真空を利用してインクを浸み込ませます。

良く乾燥したスポンジ状のゴムにインクを浸み込ませようとしても、そう簡単にはインクが入っていきません。シャチハタ印用のインクは粘度が高いため、インクに浸けたくらいでは、全く浸み込みません。

特殊な装置を使って、まわりを真空にすることで、ゴムの空洞内にある空気が吸い出され、入れ替わるようにインクが浸透していきます。

このような手順で、インクが浸み出るゴムが出来上がります。

試行錯誤を何十年も積み重ねて、今の商品がある。

たとえば「Xスタンパー」のゴムが欠けたと報告が入った際には、欠けた部分を顕微鏡で調べて虫食いが原因と突き止め、それ以来、インクに虫が嫌う成分が加えらました。

何か問題が発生したら、必ず原因を究明して解決してきたからこそ、万博を始めとする重要な場面で、シャチハタ製スタンプが選ばれてきたのだと思います。

PageTop↑