初めての方へ(熱いご挨拶)

初めまして。
一心堂印房の橋本と申します。

一心堂印房のウェブサイトにアクセスくださいまして、ありがとうございます。

ちょっと熱い自己紹介をさせていただきます。

このお店はどんなお店なんだろう?
一体どんな人が働いているんだろう?

いろいろなご心配や、気になる事がお有りのことと思います。

そこで、私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

人が人を判断する際、その人が
「何を言っているか」よりも「どんな行動をしたか」が重要だと思いますので、
「私がどのようにネットショップ運営に取り組んで来たのか」をお伝えして、
自己紹介とさせていただきたいと思います。

少々“熱め”ではございますが、お店選びの一助となりましたら幸いでございます。

1998年7月頃 - ホームページOPEN!

一心堂印房のホームページを公開しました。
(素人が作った感丸出しの、ごく質素なホームページでした。)

当時は、多くの人にとって、
「インターネットって何?食べれるの?」
という時代でしたから、
アクセス数そのものが少なく
まさかインターネットで印鑑が売れるなんて思っていませんでした。

ところが翌8月、初めて印鑑の注文が入ったのです。(三重県の○○様!)
そのときの驚きと感激は、今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

その後はコンスタントに、月に何件かの注文を頂けるようになり、
お客様から喜びのメールも頂けるようにもなりました。

インターネット通販でも多くの方のお役に立てる、
ということを、ジワジワと実感させていただきました。

2000年4月 - ドメイン取得&ホームページリニューアル

ドメインを取得し、新たなホームページを作成することにしました。

どうすれば多くの方に利用していただけるのだろうか?
いろいろなサイトを巡り、また実際に商品を購入してみたりして、
安心して利用できる通販サイトとはどんなサイトなのか、
自分なりに研究しました。

・商品が安い!
・信頼できそう。
・メールに対してきちんと返事をくれる。
・代金後払い。
・商品が分かりやすく、注文の作業が簡単でわかりやすい。
・ショッピングカートで買い物できるサイト。

(当時、ショッピングカート機能を持つネットショップは、ごく僅かでした。
いきなり注文フォームで送信されてしまうサイト(結構怖いですよね)が普通でした)

いろいろなことがわかりました。

価格が安ければ、より多くの方に買っていただけるであろうことは、想像がつきます。
でも、いち平社員の私には、自由に価格を設定する権限などありません。

そこで私は考えました。脳みそがちぎれるくらい考え続けました。
運営管理にかかるコストを極限まで抑えて、
その分を価格に反映させることが出来ないか会社に掛け合いました。

こうなったらウェブサイトは全部手作りだ! (でも困難だ!)

サーバーをレンタルすること以外は、すべて自前でやろうと決心しました。

お客様に安心して利用していただくための条件を満たしつつ、
ローコストでホームページを運営管理するには、手作りしかありません。

そうすれば、ひと月に通信費まで含めて1万円に収まりそうです。
目標は初期費用ゼロ、ランニングコスト1万円です。

実際の店舗ならば、店舗改装費、家賃(固定&歩合)、店頭用商品見本、
人件費などが掛かるわけで、それに比べればタダみたいなもんです。

しかし、ページの作成は何とかなるとしても、ショッピングカートのシステムはちょっと厄介です。
CGIの作成&設置代行を外注していたら、何十万円と掛かってしまいます。

やれない理由を並べても何も始まりません。
ここでくじけるわけにはいきません。

より多くの方に利用してもらうためには、
よりお値打ちに利用していただくためには、
やらねばなりません。

えーい!徹夜だ!徹夜だ!徹夜だ! 新聞が届いたら寝るぞ!

私は普段トップページにリンクを貼らせて頂いている企業様や官公庁に
出向いてお仕事をさせていただいている営業マンです。
主にゴム印やシャチハタ製品を納めさせていただいております。

コンテンツの作成は、空き時間や自宅で深夜コツコツと行いました。

ショッピングカートのシステムも、毎日夜遅くまで眠い目をこすりながら
死に物狂いでプログラミングの勉強をしました。

「絶対にやる!」という決意のもと、約3ヶ月かかり完成しました。

簡単に新商品を登録して運営でき、お客様にもわかりやすいシステムに仕上がったと思います。
もっと簡単なシステムでも運営は可能でしたが、直接お客様との接点となるシステムです。
絶対に手を抜きたくはなかったのです。

そして、2000年6月の末に完成しました。 <-- ショッピングカートシステムVer.1

そして、注文は倍増したのでした (^。^)/ エヘヘ

2000年8月 - 「ドキドキ通信簿」誕生

より安心してご利用いただけるサイトにするべく、新たな試みにチャレンジすることにしました。

自分自身も、オンラインショップを利用することがあるのですが、
購入の前にそのショップを判断する材料として、
実際に利用した人の感想を聞きたいと思うことがあります。

お店で編集した「お客様の声」ではなくて、もっと生の声です。

そんな思いから、当店をご利用いただいたお客様に
通信簿をつけて頂く仕組みを作ることにしました。

お客様が入力した5段階評価と簡単なメッセージが、
即座にホームページに公開される機能です。

もちろん、今回のシステム作りも自前でまかないました。

正直に言いますと、とても不安でした。
お客様のご感想が、まったくの無編集で、リアルタイムに公開されるのです。
書き込まれた内容に対して言い訳する機能は、あえて持たせていません。

これはまさに、「24時間」私の仕事振りを監視&公開する機能と言えます。
しかも一切の言い訳も出来ない仕様です。
それはもう凄いプレッシャーです。

胃の痛いドキドキの毎日が始まるということで、「ドキドキ通信簿」と命名しました。(^。^)

(正確に表現すると、「橋本がドキドキする通信簿」ということになります。)

2003年1月 - ホームページリニューアル(3代目)

さらに簡単&便利に、より安心してご利用いただくべく、
ホームページをリニューアルしました。
一切妥協なし!渾身のリニューアルです!

その準備は、2001年夏頃にさかのぼります。

大幅な機能アップを目標に、先ずは開発環境から整えました。
自宅にLinuxサーバーを立てて、基礎的な勉強を始めました。
(↑これだけでも大変でした。本やネットで猛勉強!今ほど資料はなくトライ&エラーの日々)

専門的な話になりますが、今回のカートシステムは Perl ではなく、
Pascal でコーディングしています。

実行形式のプログラムですので、Perl に比べて非常に高速に動作します。
(当時、予算の都合で高速なサーバーをレンタルできなかったんです)

ただし、FreePascal についての情報が少なく、非常に苦労します。
検索しても何の情報も得られませんでしたし、書籍すらありませんでした。

あるのは、FreePascalに付属の英語のドキュメントと、わずかなサンプルプログラムのみ。
これからチャレンジされる方には絶対にお勧めできない方法ですが、
私はほとんど好奇心と意地で乗り切りました。
--> いばらの道が好きな方はどうぞ(^^ゞ

注)何でFreePascal?と問合せを受けましたので、簡単にご説明します。

当時Perlやphp等では、はしごの「高」等の機種依存文字がうまく扱えなかったのです。
例えば「髙橋」という文字を読み込ませると、何のエラーも通知もないまま「髙」が削除されて、
「橋」だけに変わってしまうなど、ハンコ屋のシステムとしては致命的でした。
そこで、Pascalで文字コード変換ルーチンを含めてコーディングしたのです。

また、多くの独自機能を盛り込みたかったため、大きなプログラムになることが予想されました。
オブジェクトプログラミングができるFreePascalで、ひとつずつクラスを設計しながら、
組み上げるほうが効率的であろうと判断したのです。

(2011年1月追記)今だったらphpで組みます。utf-8で組めばOKなので。


基礎的な勉強を終えて、カートシステムのプログラミングを開始したのが、2002年1月。
数々の障害をクリアしながら、2002年10月にほぼ完成しました。 <-- ショッピングカートシステムVer.2

今回のシステムは、お客様のお手元にある画像データを、
ショッピングカートに乗せて注文できる仕組みを実現しています。

会社のロゴ等のデータを持ち込んでシャチハタを作ったり、
デジカメの画像を使用してオリジナルスタンプを注文する際に、威力を発揮します。

同業者にとって、喉から手が出るくらい欲しい機能なのでしょう。
「システムを売ってくれないか?」
と懇願されることもありますが、丁重にお断りしています。

「MY伝言板」を考案!お客様との熱い「かけはし」

さらに新機能として、「MY伝言板」を考案しました。

出来上りイメージを確認していただくための、お客様専用伝言板です。

この伝言板を、お客様と私共とで共有することにより、お互いの意思の疎通を密にすることが出来ます。

実際に運用したところ、その効果たるや想像以上のものでした。
情報を共有する安心感を通り越して、お客様が友達のように話し掛けてくれたり、
ご本人様やご家族の写真を貼り付けてくれたりもしました。

「通販って味気ないよね」
なんて言う人がいますが、そうでもないですよ~。

当然、強固なセキュリティが必要ですので、SSL暗号化技術について勉強し、
画像の表示方法などにも工夫を凝らしました。

より安全に、よりわかりやすく、親しみやすく、出来上りイメージを確認して
いただけるようになりました。

押し付けと取られる可能性もありますが、本音で語っています。

コンテンツに関しては、ウェブマスターの主張を前面に押し出した内容になっています。

検索エンジンで検索しますと、たくさんのハンコ屋さんのホームページがありますが、
ウェブマスターの主張がドーンと前に出ているお店は、意外に少ないようです。

親友に印鑑を頼まれたときに、印鑑屋さんは何をどう勧めているのだろう?

意外にこういうことが見えてこないように思います。

それに対し、このホームページでは本当に良いものは、グイグイと強くお勧めしています。

押し売りにならないかと少し心配もしましたが、

「このような本音の情報こそが、お客様が本当に知りたいことなのだ!」

そんな信念でコンテンツ作りに取り組みました。

お客様のお役に立てるページにしたい!
安心して利用していただけるページにしたい!

このホームページは、ウェブマスターである橋本 隆が、 皆様のお役に立ちたい一心で、自分のもてる力をすべて使い、 全身全霊を注いで作ったホームページです。

PageTop↑